ひよっこmimiログ

3人育児中のmimiが書く子育て情報ログ。小さな疑問解決して楽しく子育てしましょ♡


スポンサードリンク

癖になっている指しゃぶりを簡単にやめさせる方法。

子供に良く見られる指をしゃぶる癖。

 

検診で歯並びを指摘させることも。

実際指しゃぶりを長いこと続けていると歯並びにあまり良くないみたいですね。

 

 生まれてから今までしてきた癖。やめさせるのって大変そうですよね。けれどママが本気で実行すれば意外とすぐに吸うのをやめてくれるんです。

近いうちにやめさせたいけれど方法がわからなくてお悩み中のママたちのために、簡単にやめれる方法をお教えします!

 

スポンサードリンク

 

方法① きちんと話をする

言葉が通じる年齢であれば、なぜ良くないのか、きちんと話をして吸わないようになる子もいます。

 

例えば

「手にはいっぱいバイキンがいるから、お口に入れると病気になってしまうよ。」

「歯が変な形になってしまうと歯医者さんに行かないといけなくなってしまうよ。」

など、お子さんが聞き入れてくれそうな理由を話してみてください。

指しゃぶりをやめるような素振りを見せたらいっぱいいっぱい褒めてあげてくださいね。

 

言葉がまだ通じないような小さい子でも、ママが「ダメ」といえばなんとなく理解します。

 

やっぱり一番良いのはこの段階でやめれる方法です。お子さんのストレスも少なくて済みます。

 

方法② 指に巻きものをする

方法①でやめれない、あるいは起きているときはやめれても寝ているときに無意識に吸ってしまう時があります。

そんな時は指に巻きものします。

テーピングや絆創膏など、なんでも良いです。無意識に吸ってしまったときに「はっ」と気づくようなものを巻いてください。

 

ここでの注意点は、指に巻くことを極端に嫌がったり泣いてしまう子に無理に巻くのは禁物です。そんな子は方法②は飛ばしてくださいね。

 

方法③ 最終手段!まずい&辛いものを指に塗る

話をしても、巻物をしてもやめられなかった子には、この方法しかありません!が、これをすればあっという間に吸わなくなります。

塗りやすくて辛い物といえば、カラシやワサビ。子供は敏感なのでほんの少しで大丈夫。指に薄く塗ってみましょう。

また指しゃぶりや爪噛みをやめられない子のために、「バイターストップ」という商品も有名ですね。口の中に入れても安全で、かなり苦いみたいなので一度試してみるのも良いと思います。

商品詳細はこちら

 

ここでのポイントは

●子供に気づかれないように塗ること。

●子供は今まで何の味もしなかった指がどうしていきなり辛くなったのか理解できません。

「○○くん(ちゃん)が吸いすぎて指が痛い!吸わないで!っていっているのかな」など...なんでもいいので理由をつけて説明してあげてくださいね。

●賢い子は自分で手を洗ったり拭いたりしてまた吸います。そんなときは諦めないで何度も塗り続けましょう。さっと自然に気づかれないように。ママのポケットにカラシやワサビを忍ばせておくと便利ですよ。

 

絶対にやめれらる指しゃぶり 

指を吸うことによって精神安定にもなっているので無理やり辞めさせるのは可哀想...なんて迷ってしまうかもしれません。ですが歯並びに影響が出る前に、知恵がついてくるほど辞めにくくなるので、ここはお子さんのためにも心を鬼にして頑張りましょう!その代わり今まで以上にたくさん甘えさせてあげてくださいね!

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク