ひよっこmimiログ

3人育児中のmimiが書く子育て情報ログ。小さな疑問解決して楽しく子育てしましょ♡


スポンサードリンク

お月見泥棒ってなに!?どんな行事か説明します!

秋といえば行事として思い浮かぶのがお月見。中秋の名月十五夜にすすきを飾ってお団子を食べますよね!

 

ですが、実はそれだけではないんです

 

限定された地域で「お月見泥棒」というイベントが行われているのをご存知ですか?

 

その地域に引っ越してきて初めて聞いて驚いた方もいるんじゃないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

お月見泥棒ってなに?!

限られた地域で昔から行われている行事で、十五夜の日に子供たちが泥棒に変身するんです。

 

いや、泥棒っていっても可愛いお菓子泥棒ですけどね!

 

近所の各家庭からお菓子を泥棒できちゃうんです!

 

どうやってお菓子を泥棒するの?

泥棒の方法は2パターンあります。

 

パターン①

子供たちが各家庭のインターホンを押し「お月見泥棒でーす!」というとお菓子がもらえる。いわば和製ハロウィンですね。

パターン②

各家庭前にお菓子が用意してあり、子供たちが勝手に泥棒する。

 

どちらのパターンかは地域によって決まりがあり違いますが、とにかくお菓子が貰いたい放題なんです!

 

子供なら誰でも泥棒になれるの?

はい、なれます。

主に小学生達が友達と一緒に泥棒巡りしていますが、小さいお子さんも親御さんと一緒に回れます。

中学生もちらほら回っていますよ。

 

小さいお子さんのいるご家庭は、自分のところはお菓子を用意してないけど泥棒をしてもいいの?と思うかもしれませんが、どんどん泥棒しちゃってください(笑)

 

お菓子を用意したいけど、どんなものがいいの?

よくあるのが駄菓子です。

予算は一人10円~50円分くらい。

駄菓子を詰め合わせていたり、何種類かあって好きなのを2~3個どうぞって感じです。

他によく見かけるのは缶ジュースです。中にはちゃんと冷えたものもあって感動するときがあります(笑)

 

何人泥棒さんがくるかわからないので、多めに用意しておくのが良いですよ。余ったら我が子と食べれるように、我が子が好きなお菓子にするのが良いかもしれませんね!

 

自宅前に置いておく地域なら、お菓子を外に出す時間帯は夕方ごろ。小学生が学校から帰ってくる時間帯で、なんたって「お月見泥棒」ですもんね!

 

ちなみに天気は関係なく、雨でも泥棒さんは来ますよ!

 

まとめ

こんな素敵なイベントなかなか無いですよね。子供たちは大喜びで毎年泥棒しています。こういう昔からの行事はこれからも続けていってほしいです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


スポンサードリンク