ひよっこmimiログ

3人育児中のmimiが書く子育て情報ログ。小さな疑問解決して楽しく子育てしましょ♡


スポンサードリンク

授乳中のアルコール摂取について!お酒はやっぱりよくない?

妊娠中に大好きだったお酒を我慢して控えていたママも多いと思います。

 

育児は思っていたより大変でストレスも溜まります。

たまには一杯くらい飲みたくなるときもありますよね!

出産も終えたし、そろそろ解禁したいママもいるんじゃないでしょうか。

 

そこで授乳中のママがアルコールを摂取したことによって赤ちゃん及ぼす影響をまとめました。

 アルコールは母乳に出るの?


飲酒によって体内に取り込まれたアルコールは、そのままの濃度で母乳に移行します。

 

よって飲酒後すぐに授乳することは、赤ちゃんにアルコールをそのまま飲ませているようなものです。

 

赤ちゃんはまだ肝機能が未発達なため、大人とは違いアルコールを分解できません。

 

よって急性アルコール中毒を引き起こしてしまう危険性がありますし、日常的に続けていれば赤ちゃんの発達を阻害し、将来的に様々な障害を引き起こす可能性あります。

 

 

お酒を飲んでしまったら


どうしても我慢できずに飲酒してしてしまった場合、飲酒後少なくても2時間は授乳しないようにしてください。

 

飲酒後2時間〜3時間の間隔をあければ母体でアルコールが分解されます。

 

まだ低月齢の赤ちゃんは授乳間隔も短く、頻回授乳のために2時間〜3時間の間隔をあけるのは難しいかもしれません。

 

すぐに授乳をしないといけないときは、粉ミルクで代用するか、搾乳しておいた母乳をあげるようにしましょう。

 

 

まとめ


授乳によって移行するアルコールは、赤ちゃんに悪影響でしかありません。

 

少量のお酒なら影響はないと聞くこともあるかもしれませんが、絶対に大丈夫だとは誰も言い切れません。

赤ちゃんに少しでも悪影響のことは避けたいですよね。

 

母乳はとても多くの栄養素が含まれており、それを赤ちゃんにあげられる期間は限られています。

もう少しの間だけ赤ちゃんのために頑張って我慢しましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事

xxxmimixxx.hatenablog.com

 

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサードリンク