ひよっこmimiログ

3人育児中のmimiが書く子育て情報ログ。小さな疑問解決して楽しく子育てしましょ♡


スポンサードリンク

授乳中のカフェイン摂取について!コーヒーや紅茶は飲んでも大丈夫?

 

赤ちゃんが寝んねしているときにやっと一息。

 

コーヒーや紅茶は体をリラックスさせる効果があり、より疲れを癒してくれます。

 

 妊娠中にカフェインを気にして控えていたけど、授乳中は赤ちゃんに影響はないの?

と疑問に思いますよね。

 

そこで授乳中のカフェイン摂取による赤ちゃんへの影響をまとめました。

 

 スポンサードリンク

赤ちゃんに影響はあるの?


妊娠中同様、ママがカフェインを摂取すれば母乳を介して赤ちゃんに移行します。

 

ですがその量はママが摂取した量の1%ほどなので、一日に2~3杯程度なら問題ないと言われています。

 

ただし一度に多量に摂取したり、授乳直前の摂取は、赤ちゃんへ移行する量も増えてしまうので気をつけましょう。

 

 

カフェインの影響による赤ちゃんの症状


カフェインはコーヒーや紅茶だけではなく、緑茶やココアやコーラ、栄養ドリンクやチョコレートなど色々な食品に含まれています。

 

一日に2~3杯程度に留めておいても、他の食品からも摂取しているかもしれません。

 

もし赤ちゃんの寝つきが悪くなったり、喜怒哀楽が激しくなる、夜泣きが多くなるなどの興奮症状が見られたら、一度カフェインの摂取量を見直してみましょう。

 

 

カフェインは控えたい!だけどコーヒーや紅茶はやめられない!


赤ちゃんに少しでも影響のあることは避けたいママや多くの量を飲みたいママは、カフェインレスのコーヒーやハーブティーに切り替えることをおすすめします。

 

カフェインレスと聞くと味が落ちるイメージがありますが、今は普通のコーヒーと変わらないくらい美味しいものもあります。

 

自分にあったものを探してみてくださいね!

 

 

まとめ


コーヒーや紅茶を飲みたくなったら、適量を何回かに分けて飲むといいでしょう。

 

リラックス効果があり、ストレス緩和にもなるので無理に我慢する必要はありません。

 

気になるママはカフェインレスのものを選んでみてくださいね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 関連記事

xxxmimixxx.hatenablog.com

 

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサードリンク