ひよっこmimiログ

3人育児中のmimiが書く子育て情報ログ。小さな疑問解決して楽しく子育てしましょ♡


スポンサードリンク

赤ちゃんのうつ伏せ寝は危険?!そのままで大丈夫?

寝返りが始まるとママを悩ませることの1つに「うつ伏せ寝」があります。

 

近年問題になっている乳幼児突然死症候群(SIDS)を引き起こしてしまうんじゃないかと心配になってしまいますよね。

 

何回も仰向けに戻すのに、またすぐ寝返りをしてうつ伏せ寝をしてしまうなんてよくあること。

 

ではいつからうつ伏せ寝をしても心配無いのでしょうか。

 

 うつ伏せ寝が好きな理由


赤ちゃんはうつ伏せをすることで呼吸が楽になり血液の循環がよくなります。

 

また手足を折り曲げた状態になるため、お腹の中にいた時と同じような態勢になり安心感を得ます。

 

そのため睡眠の質がよくなり、夜泣きが減ってより深い眠りにつくことができると言われています。

 

うつ伏せ寝はどうしてダメなの?


うつ伏せの状態で寝ると、顔が布団で埋まってしまい窒息の可能性があるからです。

 

まだ自力で寝返りができない赤ちゃんや、寝返りはできるけど元の態勢に戻ることのできない赤ちゃんは、苦しくても体の向きを変えられません。

 

 いつから大丈夫?


寝返りをしても自力で仰向けに戻ることができる”寝返り返り”ができるようになれば問題ありません。

 

ですが窒息はいつ何が原因で起こるかわからないもの。

 

柔らかい寝具の上では顔がうまってしまう可能性があるので、硬めの寝具を選ぶようにしましょう。

 

また周りにタオルや枕など窒息の原因になるような危険なものがないかを確認してから寝かせてあげましょう。

 

寝返り返りができるからといって安心せず、赤ちゃんが寝ているときは必ず目を離さないようにしましょう。

 

まとめ


 

乳幼児突然死症候群(SIDS)は生後2ヶ月〜6ヶ月の赤ちゃんに多く見られ、眠っているときに起こります。

原因はうつ伏せ寝の他にもありますが、未だはっきりとは解明されていない病気です。

 

うつ伏せ寝は、”寝返り返り”ができるようになれば特に心配することはありませんが、生後6ヶ月を過ぎているからといって寝ている赤ちゃんを一人にするのは危険です!

必ず側で見守っていてあげてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事

xxxmimixxx.hatenablog.com

xxxmimixxx.hatenablog.com

 

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサードリンク