ひよっこmimiログ

3人育児中のmimiが書く子育て情報ログ。小さな疑問解決して楽しく子育てしましょ♡


スポンサードリンク

《体験談》子供が薬を飲んでくれない!嫌がる子に飲ませる方法!

 

子供にお薬飲ませるのは大変ですよね。

発熱などで体の調子が悪いときに嫌な物を飲ませるのって本当に難しいです。

 

 

ですが、辛い体を楽にしてあげるためにも、お薬はできるだけ早めに飲ませてあげたいものです。

 

 

うちの一人目の子は食欲旺盛で好き嫌いなく何でも食べます。

よってお薬も大好きで、どんな苦いお薬でもまるでお菓子を食べているかのようにおいしいおいしいって飲んでました。。(笑)

 なのでお薬を飲ませることは全く大変ではありませんでした。

 

二人目の子はお薬が大嫌いです。色々なものに混ぜてわからないように食べさせても敏感に感じ取り、口から出してしまいました。

ひどいときには飲み込めず吐き戻してしまうことも何回かありました。

 

ドラッグストアなどで販売されている《お薬飲めたね》というゼリーに混ぜたりもしましたが全く受け付けてくれませんでした。

ここまで薬嫌いな子がいるなんて!!と衝撃でした。

 

そんな頑なに拒否する我が子に色々試した結果、実際に飲ませやすかった方法をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

 シロップ液か粉薬か?


病院で子供にお薬を処方されると、シロップ液か粉薬になります。

親切なお医者様はどちらがいいか聞いてくれますよね。

 

最初は甘いものなら飲むことができるだろうとシロップ液を選択しました。

 

ですが、甘いものは大好きなのにシロップ液は特有の味のせいか甘すぎるのか全く飲んでくれませんでした。

 

しかもお薬の量は少なくても、それを溶かすだけのシロップ液を飲まなくてはいけないので一回量が多いですよね。

 

シロップ自体を嫌がられたら、そのシロップの味を消すように倍以上のジュースと混ぜて...それでも嫌がられたらもっと薄めて...なんてことをやっていると、どんどん量だけ増えていきます(笑)

 

なのでお薬を貰うときは必ず粉薬にしてもらっています。

 

何に混ぜたらいいの?


お薬を食品に混ぜるときは、甘みの濃いものを選びましょう。

そしてできればお薬の色を消し去るような、色の濃いものがいいですね。

よく一緒に飲ませるもので見るのがプリンやゼリーですが、分離してしまうために飲ませれませんでした。

 

●混ぜるのにオススメな食品

✔︎溶かしたチョコレート

✔︎メープルシロップやケーキシロップ

✔︎チョコレートのアイスクリーム

✔︎練乳

✔ジャム(酸味の少ないもの)

 

この中でお子さんが一番好きなものと混ぜてあげてください。

混ぜる量は三口程度で食べきれるくらいがいいです。

また時間が経つと苦みが出てくるお薬もあるので、飲む直前に混ぜるようにしてください。

 

 

飲ませるときのポイント


無理やり飲ませることだけは絶対にやめてください。

 

そしてお薬だということを隠して食べさせても、味に敏感な子は必ず気付きます。

そして気付いたら二度と口を開けてくれません

少なくともうちの子は騙されたと知ったら逃げていきました(笑)

 

ならば最初から『~だから飲もうね』と正直に話しましょう!

子供は話せば理解します

理解はしますが、飲みたくないんです。不味いから。

 

 そしたら

『こんな美味しいものに入れたからお薬の味しないよ!』

『少し舐めてみて!絶対美味しいから!』

『ママと一緒に食べようよ!』

とテンション高めで話しかけてみてください!

 

 

そこで注意したいのが

『頑張ろうね』

『いやだよね、わかるよ』

など同情するような言葉掛けは避けるようにしてください。

子供は甘えてしまいます。

甘えて《このまま嫌がれば飲まなくても済むかも》と思ってしまいます。

 

これは心理戦です!負けないように(笑) 

そしてママの《飲んでくれるかな》という緊張感が伝わらないように自然体で頑張ってみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサードリンク